“みやざき暮らし”をもっと楽しくするWebタウン情報誌

崎田さおり

フリーランス ライター 宮崎県内を中心に、コピー、インタビュー記事など、いろいろな文章を書くお仕事をしています。

企画 2018年05月21日

ゆっくり話せるウエディング

少人数ウエディングの魅力#2 PARIS CINQ(パリサンク)

 宮崎神宮の森の木漏れ日がレストラン内にまで入ってきそうなほど、神宮のすぐ近くにある「レストランパリサンク」。

 レストランとして営業しているからこそ、記念日ごとに利用できるのもうれしいと、ここで挙式したカップルから評判です。

カップルの思いを丁寧に聞き出しながら形にしてくれる、ブライダルコーディネーター大岐千香さんに、少人数ウエディングの魅力などをお聞きしました。

-パリサンクの魅力はどんなところにあると思われますか?

 何といっても立地の良さです。神宮の森が目の前に広がっているので、日中でも周りの音が入ることがなく静かです。

また、天井が高く開放感があるので、建物自体の築年数は経っていても室内が明るいため絵、写真撮影すると写真映えすると言われるゲストも多いですよ。

 

個人的には、ここの番地が1・8・8なので、末広がりで縁起がいいというのもオススメのポイントです(笑)

 

当レストランは、先代から数えて40数年料理人がオーナーです。それだけに一品一品食材にこだわりながら丁寧に料理をするため安心・安全ですし、県外客が多い場合は、県外客が楽しめる食材選びができるなど、食材についての要望にも応えられます。

 専任のコーディネーターがいますので、打ち合わせ時間に柔軟に対応できることでも、定評があるんですよ。

また、披露宴内での人前挙式は無料でご提案できますし、神式や教会式をご希望なら、周辺に宮崎神宮やルーテル教会があるため、挙式の後、当店で披露宴という流れも無理なく叶えられます。

-少人数ウエディングだからできることって何でしょうか?
 
 一番は、ゆっくり話せるということです。大きぼな披露宴だと、どうしても中座が多くなってしまうため、主役の2人と話せる機会が少なくなります。また、ゲスト席と新郎新婦が座るひな壇との距離もそんなに遠くない。両家の親戚が一同に顔を合わせる機会は、めったにないからこそ、披露宴の場でゆっくり紹介するということもできます。

 また、人数が少ないからこそ、作り置きしていたお料理ではなく、温かいものは熱々で、冷たいものは冷たく、作りたてを食べていただけます。

 準備するものにも時間がかからないので、ネームプレートにメッセージを書くことや、招待状を作るなども、自分たちでするにもそこまで苦にならない。お2人の手作りの披露宴が叶います。

新着記事