“みやざき”をプラスするWeb製作会社 bild(ビルド)

ほあしたつのり@宮崎県のニート

仕事辞めてニート。地域と面白おかしく生きてます。 twitter:@GoingHoasi

企画 2018年11月23日

日南を愛する女子高生の挑戦!
油津商店街を照らしたアンブレラスカイ

「宮崎の人」に会いに行く。

宮崎県日南市にある油津商店街。この商店街は台風の影響で、アーケードに屋根がない状況が続いていました。

そんな状況をポルトガル発祥の「アンブレラスカイ」で彩りを与えることで油津商店街を一変させた女子高生、穐田南海(あきたみなみ)さんにインタビュー!

 

アンブレラスカイの始まり

 

── アンブレラスカイを始めるきっかけは何だったんですか?

 

穐田さん: 夏休みに入ってから、インターネットで調べ物をしていて偶然、ポルトガルのアンブレラスカイが出てきたんです。

その景色を見た時に、油津商店街の光景が浮かんで。商店街に支柱があるので、「工事費が削減できるな」とか思ったり。

 

── そこまで瞬時に浮かぶって凄いですね。

 

穐田さん: 何というか、直感でそう感じました。商店街のアーケードに屋根がないってこともありました。

 

── それで穐田さんはアンブレラスカイを実行するために、クラウドファンディングを始められたんですよね?きっかけは何だったんですか?

※クラウドファンディングとは…不特定多数の人がインターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語のこと。

 

穐田さん: クラウドファンディングをするきっかけは、宮崎大学が行った起業プロジェクトに参加したことです。

その時に宮崎大学の土屋先生という方にアンブレラスカイのことをご相談したら、「次、FAAVO(クラウドファンディングの会社)の方を呼ぶね」と言われて、次の講座でFAAVOの方とお会いして、クラウドファンディングをすることになりました。

 

── そうなんですね。ちなみに、起業プロジェクトに参加した理由は何だったんですか?

 

穐田さん: 元々起業に興味があって、起業できる、できないは別にして、起業に必要なノウハウや原価率の計算を習えると思ったので、申し込みました。

 

── クラウドファンディングを始めてみて、大変だったことは何ですか?

 

穐田さん:  目標金額に対して、返礼品を考えるのが大変でした。

 

── 起案の文章も一人でやられたんですか?

 

穐田さん: 父に見せてアドバイスをもらいました。その他、色んな方に見て頂き、順番や表現を少しずつ変えていきました。

 

クラウドファンディングを開始

 

── 他に大変だったことはありますか?

 

穐田さん: クラウドファンディング開始後は、道路使用許可書や保険の書類を作ることが大変でした。アンブレラを吊るした時に、商店街の道路を占有することになるみたいで、道路使用許可書が必要だったんです。

 

── だからアンブレラを吊るすのは期間限定(アンブレラスカイの展示は11月11日に終了)なんですね。

 

穐田さん: そうなんです。

 

── 道路使用許可書ってどうやって作成するんですか?

 

穐田さん: 警察署へ行かないといけないです。知り合いの建設会社の方から教えてもらいました。実際、警察署へ行ったら、受付の方が親切な方で「一人じゃ大変でしょう。市役所から申請したら、少し値段が保証されるよ」と教えてくださって、市役所へ連絡を入れてくださいました。

それがきっかけで、市役所の方も今回のプロジェクトに協力していただけることになったんです。

 

── みなさん親切ですねー。

 

穐田さん: 「日南だからできたなー」っての凄く感じます。

 

── クラウドファンディングの目標金額は何日で集まったんですか?

 

穐田さん: 60万円が3日間で集まりました(※最終的に1,035,000円の資金調達)。

 

写真:インタビューを受ける穐田南海さん

 

── 3日間……(絶句)

 

穐田さん: 朝起きたら父が「目標金額超えてるよ」って教えてくれました。ホントびっくりして。FAAVOの企画したイベントなどでプレゼンさせてもらえたりして、タイミングがとても良かったです。

 

油津商店街を彩ったアンブレラスカイ

 

── クラウドファンディングが終了してからすぐに、アンブレラを商店街のアーケードに吊るす工事が始まったんですか?

 

穐田さん: そうですね。クラウドファンディング終了した次の日が設置作業でした。

 

── どれくらいの期間で設置されたんですか?

 

穐田さん: 8時から夜7時ぐらいまで1日がかりで。次の日にオープニングセレモニーをやりました。

 

── けっこう急ピッチだったんですね。次の日、オープニングセレモニーを迎えてどういう気持ちでしたか?

写真:オープニングセレモニーで登壇した穐田さん

 

穐田さん: オープニングセレモニー前日、最後のアンブレラは私がつけたんですよ。その時にいろんな想いがこみ上げてきて、涙が出ました。凄く嬉しかったです。その翌日、小さい子供からお年寄りの方たちがアンブレラスカイを見て笑顔になっている姿を見て、「諦めず頑張って良かったなー」と思いました。

 

これからの街づくり

 

── ちなみになんですが「次はコレで油津商店街を盛り上げよう」というアイディアを考えていたりしますか?

 

穐田さん: 商店街の真ん中に朝日が一直線に差し込む時期があって、次は来年の4月がそうなんですけど、その時期に「また(アンブレラスカイ)やれたらいいね」という話をしています。

 

── また実現できるといいですね。他に開催する時期などは考えていますか?

 

穐田さん:  あと、「またカープキャンプの時期にしてほしい」というのは凄く言われますね。

広島カープの本拠地のマツダスタジアムでもアンブレラスカイをやっていたみたいで。後から知ったんですけど。

 

── 凄い奇跡ですね!

 

穐田さん: 私も知ってびっくりしました。

 

── 最後に、これから油津商店街はどうなっていってほしいと思いますか?

 

穐田さん: まずは若い人が商店街へ集まってほしいと思います。

油津商店街は「若い人が集まるところがない」とよく言われます。ただ、商店街の人たちの色んな想いや関りの中で仕事をしているという、裏のストーリーを知ってもらえれば、凄く愛着が湧く場所になっていくと思っています。

地元の中学校でも街づくりは凄くテーマにされるんですよ。そういった活動も、どんどん広がればいいなと思います。

写真:オープニングセレモニーでの集合写真

 

穐田さんの油津商店街に対する熱い想いや行動力に脱帽しました。

これからの油津商店街に要注目です!

 

新着記事